| Home | Gift | Arita-Prologue | Hitode-gard | Company | Sitemap | Info |
アイシン創立45周年

実績ある「ヒトデ・ガード」の 使い方のページ です

ご使用者(会員)の皆様のページです。失敗しないためにも是非ご活用下さい。


有害鳥獣の出没に警戒!警戒!   アイシン社員D
アイシン社員C

相手はしたたかな「野生の鳥獣」達。相手も生きる為に必死です。

くれぐれも、防御が粗く雑にならないように正しくお使い下さい。
散発的な設置はダメ、出来るだけ集中的に設置をして強く嫌がらせる事です。


※ 重要 ※
湿らせると さらに発散効果が増します。
       設置したら少し湿らせると ベストです。

最初強く嫌がらせるほど、長期間寄付きが無いようです。

?マーク

工夫

 簡単で強力なのは全面に沢山撒く事ですが、出来るだけ少ない費用で防御を
      
・・・ そのための工夫です・・・

 モグラは撒くだけですが、他の鳥獣の場合には先ず↓↓。(撒く事はいつでも出来ます)

●むやみに撒くと量が沢山必要です、また 後で手直しも出来ないのでまずは
 移動や手直しが簡単に出来る吊下げと、撒きの二重防御を推奨します。
●警戒すべき箇所がハッキリと分かる所は、節約をしないで十分に撒いて下さい。
●最初は基本通りに設置、状況を見て不具合が出た場合には すぐに工夫修正して下さい。



周辺に同じ作物の餌場が有るか無いかで守り方も変わります。
例えば、周辺に同じ作物(餌場)が無い場合は、そこの作物(餌場)への執着が強いので基本よりも使う量を増やしたり、細かく守ったりと工夫が必要です。




基本的な使用量の目安です。



撒(ま)く時は下記の量より、減らさないことが重要です。

 撒く量は・・1㎡に最低 100g(茶碗一杯)以上を使うこと。
    (例:50cmの幅で20m撒く時、最低でも1kg以上の量を使います。)
 撒き幅は・・通常50cm~1mの幅で帯状に撒く。

 撒く時の注意・・線状に撒くのはダメ、必ず幅を取って帯状に撒く。



吊り下げる時 (取り分ける小袋が必要です。)
  小袋に入れる量・・100g位(小さい茶碗に一杯くらい)
  吊り下げる小袋の数・高さ・間隔は・・各鳥獣の欄をご覧下さい。

小袋は・・通気性が有り 水はけの良い、厚めの生地の袋が最適です。
 発散効果の良い厚手の専用小袋又は   代用できるお茶パック
専用の厚手の袋     不織布のお茶パックなどで代用可能ですが・・
(発散効果の良い厚手の専用小袋)


お茶パック・水切りフィルターなどの薄い生地の袋は、雨水が中に入りすぎて、
  発散効果期間が短くなったり、雨で中のヒトデ粒材が団子状に固まる恐れが有ります。
団子状に固まると、発散量が減りますので、固まった時は少しほぐして下さい。




注意
 ! ご注意 ! ・・ 結果が悪い原因となります

 ★ 少量で広くは守れませんよ― 
 ● ポツーンポツーン と、まばらに吊ったり撒いたりをしない事。
 ● 撒くとき、ついつい薄くなりがちです。粗く薄くしない事
    (1㎡に100g以上使い、濃厚に撒いてください。)

 ● 湿らせて初めて発散効果が増します。
   
撒いた上から一度水を掛ける、又は 吊った小袋はスプレー
   などで一度湿らせて下さい。(少し湿る程度で良い)



◆ 猪・鹿  猿・ハクビシン・イタチ  鳥類 もぐら ネズミ ◆


◎ イノシシ ・ 鹿

 猪      シカ

小袋を吊って防御する方法

ヒトデ・ガードの設置方法1        ヒトデ・ガードの設置方法2
①図・・場所を囲む ②図・・ダブル防御  ③図・・上の段を守る時


図の説明
①図・・守る所を囲むようにロープを張って吊り下げます。
    広い場所では、中央付近にもロープを張って吊ります。

樹木に直接袋を吊る時・・樹木の本数により一本の木に吊る数を増減する。
    樹木が多い場合・・外周の木に3個位づつ吊っていきます。
    樹木が少ない場合・・一本の木に多めに吊り下げます。

②図・・山側には、二重にロープを張り小袋を吊る。
    又は、吊っている小袋の下の地面に、粒剤を直接撒いて
    ダブルの防御にします。

③図・・上の段を守るときは、下の段にも設置します。
    岸や石垣・塀などからは少し離して、風通し良く吊ります。


地面に撒くのと小袋を吊る二重の防御が最良

小袋の高さ と 地面に撒く時の撒き幅 と 撒く量

  要 領 イノシシ の場合 鹿 の場合
吊る  吊る小袋の高さ  地面から30~50cm  地面から50cm~1m
 袋と袋の間隔  2m以内  2m以内
撒く  撒き幅  50cm以上の幅で帯状に撒く  1m以上の幅で帯状に撒く
 撒く量 の目安  50cm幅で10m撒くとき
 最低でも500g以上を使う
 1mの幅で10m撒くとき
 最低でも1kg以上を使う

電気柵や網などとの併用の方法

問題の有る箇所だけに使うことが出来るので、効率的に有効に使えます。
撒く場合は・・電気柵・網の外側に上記の幅・量で撒く。
吊る場合は・・柵や網に引っ掛ける。柵の間は竹などを刺し袋を吊る。



このページのトップへ  ご案内のページへ飛びます  商品のページへ飛びます・



◎ サル・ハクビシン・タヌキ・イタチ・キツネ
 サル      ハクビシン

穴を掘って進入する小動物には、必ず地面に撒いて下さい。
特に手強い猿は細かく沢山吊る濃厚にしっかり撒く事のダブル防御が必要です。


樹木・・樹木の幹の周囲に1m位の幅で撒き、下枝には袋を吊る。

露地・・周囲にロープを張り地面から30cm位の高さに袋を吊る。
     吊っている袋の下に50cm以上の幅で帯状に撒く。(ダブル防御
     吊る袋の間隔は、1.5~2m。
     広大な場所は、中の畝(うね)に沿っても、撒く 又は 吊る。

ハウス・・地面を掘る動物は、ビニールの外の地面にぐるりと撒く
     ハウスに登る小動物には、ハウスの周囲に吊る。
     ハウス内にも吊ってハウス内をいやな環境にしておくと、

     万が一入っても早く出て行くので被害減少につながります。

  ※注意 : ハウス内は小袋が乾燥するので、スプレーなどで湿らせる

屋根裏(天井)・小袋を多数置いて、屋根裏の空間を動物が嫌う環境にする。
 [ヒトデ・ガード]は殺傷は出来ません。逃げて行くだけなので衛生的です。


!総合注意!:設置している小袋を、まれに何かが袋を持っていく場合が有りますが、実害に遭わないためにもその個所は必ず手直しをして下さい。しつこい動物も来なくなります。


  基本と使用量

◎ 鳥類


 カラス カラスやハト 

鳥の場合は、どこからでも入りますので、内外全体に細かく設置をして守る必要があります。

樹木・・一本の木に3~5個位を吊る。

露地・・1~1.5mの高さにヒモを張り、2~3mの間隔で小袋を吊る。

竹の先に小袋を付けて立てる場合は4~6㎡に一本位の間隔で面全体に立てる。(小袋が、守るものより上に出るようにする。)

側面下から鳥が入る場合は撒いて下さい。

撒く量は、1㎡に100g(茶碗一杯)の目安で撒いて後、散水をして湿らせる。

カラスやハトなどの被害で、家庭のベランダ・ごみ置き場など狭い所で使用する場合は、両端に2~3個吊り下げます。

  基本と使用量

◎ モグラ


もぐら
  モグラの防御 特に大好評です。

 他の鳥獣で「ヒトデ・ガード」を使っている方も、ぜひ一度モグラにも使ってみて下さい。


 モグラには水溶液の散布(即効性)と粒材の散布(持続性)を併用して下さい。
 水溶液の散布だけでは発散期間が短いので、水溶液と粒材の併用を推奨。

1・水溶液をモコモコした土の上からジョロ等で撒く(即効性)
   出来るだけ濃厚な水溶液を作り、地中の穴にしっかり浸透させる。

2・粒材を穴に一掴み投入。
   モコモコの土の上にも、粒材を撒いていく(持続性)

   ※ 水溶液作成時に出る残ガラも全部撒いてください。残すと腐敗します。

土地全面に対策をする場合は・粒材を全面に散布して鋤(す)き込む。
   (100坪に10kg位使う)

もぐら用水溶液の作り方
   
水10リットルに粒剤を1kg位使用する。(2回ほど再抽出できます)
   1時間ほど粒剤を浸して、よく撹拌をすれば濁り水の出来上がり。
   (粒剤を布などに包んで水に浸すと取り出すときに便利)

   
作った水溶液(濁り水)は使い切って下さい。残すと腐ります。
!注意!: 長時間浸けすぎると腐敗して悪臭が出ます。
       (腐敗すると効果が薄くなります) 
        



このページのトップへ  ご案内のページへ飛びます  商品のページへ飛びます・



◎ ネズミ


  ネズミ

粒剤を小袋に入れて、または粒剤をそのまま小皿にのせて、倉庫・屋内の隅々に出来るだけ数多く設置します。

 モグラ穴の出入りを防ぐ場合は、モグラ穴に粒材を一掴み入れて下さい。

 屋内での使用は、粒材が乾燥するのでときどきスプレーなどで湿らせると良い。

!注意!:小皿に水が溜まらない程度に湿らせて下さい。
       (長時間水が溜まっていると腐敗します)

  基本と使用量

◆設置後 の 注意点◆(重要)


実害
に遭わない為、また実害を減少させる為にも、特に以下の事にご注意下さい。

状況や理由を問わず、袋の無くなった箇所をそのままにしない、すぐに修復する。
  
イノシシが嫌って暴れて落とす場合も有ります。

吊るしていた小袋が落とされた・破られた・無くなった所、または防御を掻い潜って侵入した箇所こそ、最も重要な防御箇所です。すぐに吊りなおす事と、吊った下に幅広く撒いて下さい。

地域の状況や鳥獣の種類で凶暴さや執着なども違い、守り方が違ってきます。状況に応じた守り方の工夫も大切です。

吊るしている小袋を、スプレーなどで水を掛けて湿らせると、さらに発散効果が増します。



◪ この様な事にも !ご注意! 下さい ◪

猫・犬など人間に飼われた事のある動物・ペットなどには効果が薄いため、のら猫などがじゃれて袋を破ったり、落とす事が有ります。その場合必ず補修をして下さい。ペットの犬猫もやがて寄って来なくなります。

鳥獣の状況により忌避より食の欲求の方が勝る場合があります。その場合は基本以上の量を使って、より強烈に設置をして下さい。

うり坊など幼獣は成獣より警戒心・危険察知能力が少ないためか、最初の内まれに侵入することがありますが、それもやがて来なくなります。

吊った小袋の中のヒトデ粒材が固まっているときは、少しほぐして下さい。(薄い袋は固まり易い)

大雨・大風の時や、袋が凍ったり雪が積もった時は、発散効果が薄れますので要警戒です。

溜まり水の中に撒くと腐敗して臭くなりますのでお気を付け下さい。



 発散効果期間は :

野外使用で 3~5ヶ月(使用方法や環境により異なります)
3~5ヶ月経過後、発散が薄れても学習能力が働き、長期間有害鳥獣の寄り付きは少なくなりますが、なるべく早く新たに吊り直すか、撒き直して下さい。

原材料 :天然海産物ヒトデの乾燥破砕粒材(ヒトデ100%)

慣行性(動物の慣れ):多くの方に何年も続けて使って頂いていますが、慣行性に付いての報告はありません。

 経費少なく 高い効果を出すために、何でもお気軽にご相談下さい。



アイシン社員B いつも有難うございます。

皆様方のお陰です。

使って頂く農家様が リピートと口コミで毎年どんどん増加しています。
これからも「ヒトデ・ガード」忌避剤を効果的に上手に使って頂き、被害の減少に役立てて頂ければ幸いです。私たちも出来る限りのご協力をさせて頂きたいと考えています。
鳥獣たちに負けないように一緒に頑張りましょう。
今後ともよろしくお願いいたします。

天然海産物に付き品切れする事が有りますが、
!! 現在商品揃っています。即 発送できます !!

ヒトデ・ガードのマークD